初心者でもわかる!暗号資産(仮想通貨)の始め方。おすすめの暗号資産取引所「3選」

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

仮想通貨(暗号資産)と聞いて、身構える方も多いのではないでしょうか。

なぜ身構えるのか?それは仮想通貨に対しての理解がないからです。

仮想通貨って詐欺が多いって聞くけど、大丈夫なの?

むずかしい言葉ばかりで、よくわからない……

数カ月まえのわたしも、同じようなイメージをもっていました。でも心配は不要です。

この記事では仮想通貨とは?からはじまり、暗号資産の購入までを解説しています。
内容は決してむずかしくありません。

なぜなら、暗号資産の購入は、たった3ステップで完結するからです。

  1. 暗号資産取引所の口座開設
  2. 日本円の入金
  3. 暗号資産の購入

むずかしいと思い込んでいたかもしれませんが、実はたったの3ステップだけなんです。

いままで敬遠されていた方はこの機会に理解を深め、暗号資産に触れてみてはいかがでしょうか。

(スポンサーリンク)

目次

暗号資産とは?初心者のあたなも知っておこう

まずは暗号資産とはどんなものか?について勉強してみましょう。

暗号資産の概要

暗号資産(仮想通貨)は、現物のお金(法定通貨)とは違い、インターネット上にデータとして存在するお金のことです。

インターネット上にのみに存在するお金ということで「仮想通貨」と呼ばれていましたが、今は仮想通貨ではなく「暗号資産」という名称が一般的な呼び方になっています。

暗号資産はブロックチェーン技術により、取引データが記録され、偽造などの不正行為できない仕組みになっています。

そして、現在の通貨に変わる新しい通貨として注目をあつめているのです

暗号資産でもっとも有名なのが「Bitcoin(ビットコイン)」です。
あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

仮想通貨は世界に1,000種類以上存在しており、決済手段や投機商品として急速に普及しています。

ビットコインなどの暗号資産は、暗号資産の売買ができる「取引所」において現金と交換ができます。

取引所も数多くありますので、自分にあった取引所で取引を始めるようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)と法定通貨との違い

暗号資産は法定通貨(現物のお金)とは違い、現実に存在せずデータとしてのみ存在するものです。

ここでは暗号資産と法定通貨の違いを4つに分けて解説します。

通貨の管理

法定通貨の場合、通貨の管理者は国と中央銀行です。紙幣の発行数や価値は管理者が決定します。

一方、暗号資産は管理者が存在せず、プログラムによってデータ上で管理されています

通貨の発行数

法定通貨は、国や中央銀行によって発行され続けます。

反対に暗号資産は発行上限が決まっていて、ある一定の発行数に達すると発行されなくなるという特徴があります。

通貨の実態

法定通貨は、紙幣と硬貨により実際に現物でのやり取りができます。

一方でデータ上にしか存在しない暗号資産は、現物でのやり取りはできません。

通貨の価値と価格

法定通貨の価値は、物価や情勢により変動します。そしてその価値は、国や銀行により保障されています。

ですが、暗号資産は需要と供給により価値が変動します
また、発行数に上限があるので、その点においても価値や価格が変動します。


法定通貨と暗号資産では仕組み自体が違うのです。

詳しくわからなくても、大体のイメージができていれば問題ありません。少しづつ詳しくなっていきましょう。

当サイトおすすめの取引所【3選】まとめて1分で解説 

暗号資産を売買するには、暗号資産の取引所開設が必須となります。

ただし、取引所といっても複数ありますので、ここでは初心者の方が迷わないように、おすすめ3つを紹介します

わたしもこの3つを実際に利用しています。

使いやすいコインチェックは日常使い、ビットフライヤーは毎日積立、フォビジャパンはサブというように使い分けをしています。

自分の用途に応じて取引所を開設しましょう。

コインチェック(Coincheck)

  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
  • 国内最大級17種類の暗号資産が約500円から購入可能
  • 最短10秒スマホから簡単に購入可能
  • 月々1万円から積立可能

コインチェックは初心者の方にオススメ。
その理由はつぎの2点です。

  • 国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1
  • 最短10秒スマホから簡単に購入可

コインチェックはアプリダウンロード数No1です。

その理由はなんといっても、操作の分かりやすさと使いやすさでしょう
とっつきにくい暗号資産取引において、操作性は大きなポイント。
これが、コインチェックをオススメする最大の要因です。

ビットフライヤー(bitFlyer

  • ビットコイン取引量 6年連続NO,1
     ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
  • 安心できる。業界最長7年以上ハッキング0
  • ビットコイン、イーサリアムなど17種類の仮想通貨が1円から売買できる。
  • 毎日1円から積立可能
  • ビットコインがたまるbitFlyerクレカ(還元率0.5~1.0%)
  • 気軽に使える。各種手数料が無料

各種手数料が無料と書いていますが、無料の手数料はつぎのとおりです。

  • 販売所の売買手数料が無料「別途スプレッドあり」
  • ビットコインFXの取引手数料無料
  • 三井住友銀行からの振込手数料無料

ビットコインのみで始める方は、ビットフライヤーのほうがおすすめです。
なぜなら、以下のメリットがあるからです。

  • ビットコイン取引量 6年連続No,1
    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。 国内暗号資産交換業者における2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
  • 毎日1円から積立可能
  • ビットコインがたまるbitFlyerクレカ(還元率0.5~1.0%) 

わたしは、ビットフライヤーで毎日100円のビットコインを積み立てしています。

ジュース代でコツコツと投資をしている感じですね。
毎日100円であれば価格が暴落しようとも気にすることはありません。

暗号資産は常に価格が変動します。そしてその変動幅も予測がつきません。
100円くらいであれば、ストレスを感じず積み立て投資ができるので安心ですよ。

ビットコインに興味をもったあなたには、bitFlyerクレカもおすすめです。
bitFlyerクレカを利用することで、利用額に応じてさらにビットコインを貯めることができるからです。

取引所に関しては、利用する人により向いている取引所が分かれます。自分にあった取引所をえらびましょう!

どうしても決めきれないという方は、使いやすいコンチェックのほうが初心者向きなのでオススメです。

フォビジャパン( Huobi Japan)

  • セキュリティ世界最高水準*
  • 世界170ヵ国、数千万人のユーザー
  • 「2円」から始められる
  • 取り扱い暗号資産は23銘柄・55銘柄ペア
  • WebSocket規格のAPIを提供

暗号資産取引所のフォビジャパンは、日本だけではなく世界で広く利用されています

口座開設申込は最短5分。
かんたん本人認証を利用すれば、口座開設申込後、最短即日で取引可能です。

わたしがフォビジャパンをおすすめする理由は、キャンペーンが豊富だからです。
口座開設時に暗号資産をもらえたりと、さまざまなキャンペーンがあります。

・お得に暗号資産を始めたい。
・今登録している暗号資産取引所以外で口座開設をしたい。

そんあなたには、フォビジャパンがおすすめです。

暗号資産取引所の口座開設から取引開始までの手順を解説

いよいよ仮想通貨の購入に向けて実際の手順を解説していきます。

仮想通貨購入までのステップは、つぎの3つです

1、仮想通貨取引所の口座開設
2、日本円の入金
3、仮想通貨の購入

それぞれの設定方法を実際の画像をもとに解説しています。

同じように操作をすれば、簡単に暗号資産の購入までが完了します。

では、さっそく進んでいきましょう。

コインチェック(Coincheck)の登録手順

コインチェックでの口座開設は、下記の記事で解説しています。

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録手順 

コインチェックでの口座開設は、下記の記事で解説しています。
画像を使って解説しているので迷わず登録ができるますよ。

フォビジャパン( Huobi Japan)の登録手順

フォビジャパンでの口座開設は、下記の記事で解説しています。
画像を使って解説しているので迷わず登録ができますよ。

まとめ

最後まで読んでくれたあなた。そんなあなたは、この記事を読むまえに比べて、確実に暗号資産の知識がレベルアップしています。

自信をもって暗号資産デビューをしましょう。

ここでもう一度、暗号資産購入までの3ステップをおさらいしておきましょう。

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. 日本円の入金
  3. 仮想通貨の購入

まずやるべきことは、暗号資産取引所の口座開設です。
口座開設をしないことには、暗号資産を手に入れることはできません。

2021年には暗号資産の価格高騰がありました。そのため暗号資産人気も一段と拍車がかかっています。

現在では、暗号資産(ブロックチェーン技術)の技術を活用することで、

  • NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)
  • 自立分散型組織DAO

など盛り上がりをみせています。興味ある方はぜひ調べてみてください。


わたしは、bitFlyerで毎日100円積立を始めました。
毎日ジュース1本飲んだと思い、ビットコイン積み立てをしています。

この程度の金額であれば、たとえ価格が暴落したとしても問題ありません。
2021年の価格高騰で盛り上がりをみせた暗号資産ですが、2022年の6月の現在は価格が大暴落しています。
こういったことを繰り返しながら、暗号資産は成長しているのです。

でも心配ありません。なぜなら毎日100円だけの積み立てだから。
気にしない投資はメンタル的にもメリットがあります。

あなたも負担のない範囲で暗号資産にチャレンジしてみませんか。

それでは!

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらから

コメントする

目次