グーグルサーチコンソール(Google Search Console)のエラーメール対処法

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

こんにちはココです。

ブログの記事をはじめて投稿してから数日しか経っていませんが、ブログサイトのエラーということでメールが届きました。

エラーの送信先は、ブログ開設に設定したグーグルサーチコンソールからです。ブログサイトでエラーが発生しているとのこと。その内容や対処法などについてまとめてみました。

(スポンサーリンク)

目次

エラーメールの内容

エラーメッセージはグーグルサーチコンソールからでした。

カバレッジ関連の問題が1件検出されたとのこと。内容は下記画像のとおりです。

カバレッジ関連の問題とのことですが、カバレッジとはなんでしょうか

カバレッジとは、インターネット通信のテストをする際の通信テストの範囲のこと。なのでカバレッジの問題とは、通信テストの範囲の中で通信テスト中に問題がありましたという意味です。

エラーはなぜ発生しているのか

エラーの内容がわかったところですが、なぜエラーが発生しているのでしょうか。エラーの発生についてはメール本文にキーワードがありました。

キーワードは、下記赤枠内の「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」という箇所です

エラーの詳細を見ていきます。

まずindexという単語ついては、索引や見出しという意味のようです。noをつけるとことで索引や見出しを使わない。つまりインデックスしないということになりそうです。

なので、エラー内容としては、送信されたURLに「このページを検索しないで」と言われましたがどういたしましょうか?ということのようです

こちら側からグーグルに対して、「私のサイトに問題ないか審査してください」とお願いしているにもかかわらず、「審査しないでください」という設定がしてあるため、もう一度審査を受けるのであれば設定を再確認して、再度審査をお願いしてくださいということです。

エラー解消のための対処法

エラー解消のためにはどういった対処をすれば良いのでしょうか。

ネットで先人達の知恵をお借りすることにし、いろいろと調べてみました。エラーの原因はプラグインのGoogle XML Sitemapsに関係があるようです。

では、対処法について説明していきます。まずは、「設定」から 「XML Sitemaps 」を選択します。

次に基本的な設定の欄から、「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外します。

そして「設定を更新」を選択します。

以上のでプラグインの設定変更は完了です。

エラーメールの処置

設定変更が完了したら、再度エラーメール対して処置をします。

エラーメール下部の「カバレッジの問題を解決する」を選択します。

すると再度グーグルサーチコンソールから、以下のようなメールが届きます。

メール内容に、「検証には数日かかることがございます」と記載があります。

数日後検証結果のメールがきて、無事問題解決できました。

確認はサーチコンソール管理画面より、「インデックス」⇒「カバレッジ」に進むと確認することができます。

まとめ

グーグルサーチコンソールからのエラー報告は、カバレッジが問題でした。コンテンツがGoogleに認知されず、検索結果に反映されること出来ませんという内容です。

ブログを続けていくと、他の内容でもエラーメールがきます。モバイルユーザビリティの問題ということで以下のようなエラーメールを受信したこともあります。

  • クリック可能な要素同士が近すぎます
  • テキストが小さすぎて読めません

グーグルサーチコンソールは奥が深すぎて、理解できていないところが多々ありますが、SEO対策として何とか対処をしています。

ブロガーを始めたばかりでは、分からない言葉や現象だらけですが、同じような所で困っている方の参考になれば幸いです。

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらから

コメントする

目次